PPAP

今朝のテレビは週末のハロウィンの様子をどこもかしこも放送。
皆楽しそうで結構なことです。
今年の仮装は、今年流行った人や物が人気なんだそうです。
りゅうちぇるとか、ポケモンとか。
中でもピコ太郎が人気だったんだそうです。
ピコ太郎は、全身ヒョウ柄。
ヒョウ柄の上下を買って、ヒョウ柄ストールすればOK。
すぐピコ太郎ってわかってもらえるのも人気の秘訣なんだとか。
彼女のヒョウ柄のパジャマに、ヒョウ柄カーテンを切って作った、なんていうピコ太郎仮装の男の子もいました。
すごいなぁ、ピコ太郎。

ピコ太郎っていつからブームだったんでしょうね。
私、気づいたら既にテレビでピコ太郎、ピコ太郎と言っていましたので、完全乗り遅れ組。
海外でも人気とか。
ホント皆よく見つけますねぇ。
そして、今の時代何が流行るかわかりませんね。
夢があると言えば夢があります。

ペンパイナッポーアッポーペンってなんですか。
全く意味不明。
でも、あのリズムが頭から離れなくて。
今朝もハロウィンのニュースで、何度もペンパイナッポーアッポーペンが流れていたので。
朝からあのリズムが離れない私。
中毒性があるリズムにキャラクターに歌詞。
なるほどねぇ。
人気の秘訣は中毒性だなぁ、となんとなくピコ太郎ブームの原因がわかった気がします。生理前でイライラしたら、薬を飲んで彼氏に会う?

校閲という仕事

「校閲」っていっても、普通の人は知らないでしょうね。で、「地味にすごい校閲ガール」というドラマ。その前に国語辞典を編集する「船を編む」といういい映画がありました。ま。そのパロデイ版というか、姉妹編みたいな感じです。
あんまり見てなかったけど、あの川原亜矢子さんが出演と言うことで。川原さん、相変わらずカッコいいです。お綺麗です。パリコレでもトップといわれただけのオーラがありますね。白が似合うし。いい女です。もっとドラマに出てほしいけど、相手の身長がね。
ドラマは、地味な校閲の仕事とファッションが絡んでいて、ま、見て飽きない、ていうか、若い人向きになってますね。校閲って、向く人と向かない人がいます。私、全く不向きです。集中力も根気もひらめきも必要ですから。まるでダメ。
よく編集長に怒られてました。百貨店のチラシを作る仕事をしたとき、クライアントが「実物と色が違う」って。販売する商品とチラシの色が違うと、お客様からクレームがくるから、印刷所の人が何度もインクの配分を変えて調整してました。地味にすごかった。
一つのものが出来上がるまでに、たくさんの人のすごい仕事が関わっています。「駕籠に乗る人、担ぐ人。そのまた草鞋を作る人」、それを思うことが、いま、大事かもしれません。自分の想像力の欠如が、怖いです。kin-power-cyosatai.com